水虫に効果的なクロトリマゾール

クロトリマゾールは抗真菌薬として知られる塗り薬であり、水虫の治療薬としてよく知られているものです。それほど目立った副作用がないということがメリットとして広く用いられている薬であり、一日に二回から三回程度塗布するだけで効果を期待することができます。抗真菌薬としてはイミダゾール系に分類されるものであり、真菌の細胞が持っていて人の細胞は持っていないエルゴステロールの生合成を阻害することによって真菌に対して殺菌的に作用します。その効力の高さがクロトリマゾールの特徴となっています。水虫は皮膚感染症であり、知らずのうちに人からうつされてしまうこともあります。そういった際に治療が必要になるとよく選択されるのがクロトリマゾールです。水虫の原因となる真菌にも幾つもの種類があり、足や爪に感染する種類のものがいます。足水虫では2ヶ月から3ヶ月、爪水虫では半年程度は治療に期間が必要とされるのが一般的であり、根気よく治療を行っていく必要があります。クロトリマゾールは外用薬であるために副作用も少なくて使いやすいという反面、塗った部分にしか効果がないという欠点もあります。抗真菌薬として水虫に有効なものには経口薬もあり、塗りにくい場所での水虫の発生がある場合には特に経口薬が使用されることになります。しかし、クロトリマゾールには軟膏やクリームだけでなく、液剤もあります。軟膏やクリームが届きづらい場所でも液剤ならば到達させることができる場合もあり、また、角質層があっても液剤はよく浸透するというメリットがあります。クロトリマゾールを使用する場合には症状に応じて使いやすいタイプのものを使用するということも大切になるのです。

■最近では薬を買うなら通販!という方が多い
医薬品を通販で購入して治療費削減
■水虫やフケの改善に用いられる合成抗真菌薬
ケトコナゾール